池袋 鍋 | どーせ鍋喰うなら旬の寒ブリの方が美味いじゃないですか。そんな「ぶりしゃぶ」がたまらない池袋の居酒屋 白

シェアする

いやもう飽きたよ 鍋とか。。。

冬の飲み会に欠かせないものといえば、、、

そう、鍋! やっぱり鍋は欠かせないですよね。

しかし、

「いっつも似たり寄ったりだし、ぱっとしないなぁ」

こうなるんですよね。。。

時には誘われても

ああ、鍋ね。。。

とか

ああ、この前も鍋だったわ

ってなりますし。

でも、 ちょっと待ってください!!

そんな時には絶品の旬の鍋をお試しあれ!

特に冬には脂ののった美味い魚が多いんですよ。

誘うにしたって

「今度、今がいちばん美味い脂ののった寒ブリの鍋行きません?」

とか

冬のアンコウもう食いました?まだなら本当に美味しいですから行きません?」

と言われたらちょっと心動くってもんです。

さて今回はそんな今いちばん美味いと言い切れる冬の鍋

氷見の寒ブリのしゃぶしゃぶ

をいただきに池袋の白に行ってみました。

tel

hp_haku

hp_haku

そんな旬のお鍋がどうしようもなく美味いのが池袋の “白”

こちらの白。

我々、池袋居酒屋研究会でも何度かお邪魔させていただいている

仲間内で非常に評価の高いお店です。

なにやらそんな白が冬季限定絶品鍋を用意しているとのことなので

研究会内で自ら立候補して知人と行ってきました。

↓過去のレビュー記事はこちらからどうぞ↓

週末のデートは和食でおいしさの感動体験を!泣くほど美味いお米が食べれる池袋居酒屋、正しい晩ごはん 白

今夜はごはんで勝負だ! 池袋で上品な和食が食べられる居酒屋 正しい晩ごはん 白

”極上”氷見の寒ぶり-和食居酒屋池袋研究会が徹底取材

▼入り口からやられました。雰囲気抜群の店内!

私、実はこちらの白初めてです。

一応、研究会のメンバーからは「とにかくご飯がうまい!」「雰囲気抜群!

などと伺ってましたがどうなんでしょうか。

店内に入るとエレベータ上がったところから微かなお香の匂い

入り口から魚の匂いやら料理の匂いがするのもいいですが、上品なお店はお香とか花の香りの方がいいですね。

これは期待大です!

▼今回のお席はお座敷。掘りごたつになっていてなかなかいい感じです。

確かに雰囲気は抜群だという気持ちわかります。

非常に綺麗ですし、デートやちょっとした大人な飲みには良さそうです。

▼テーブル

Point 1
 洗練された香りと見た目がいい!雰囲気抜群の店内が居心地をよくさせてくれる

tel

hp_haku

hp_haku

▼ちょっと鍋を頂く前に・・・

▼まずは一杯目。「九平次」

いや、まさか九平次を置いているとは予想外でした。

九平次というのは「醸し人九平次」という有名なシリーズです。

確かフランスの三つ星レストランとかで取り扱われているらしいです。

そんな九平次確か数年前に飲んで以来です。

▼シックな黒いお猪口と片口

酒器は陶器製ですね。この黒色の色合いがシックで雰囲気にあってます。

さて、問題の九平次のお味ですが、うーんなんと言いますかそれほど主張の強くないお酒。

味の強いお酒の後に飲んでしまうとぼやけてしまいそうなぐらいに主張が薄めのお酒です。

まあ、それもそのはず。コンセプトが「極上の食中酒」らしいです。

適度な酸味とキリッとした切れ味は日本酒を感じさせますが、料理の旨みと喧嘩せずにすっと入ってくる印象です。

確かにこれなら素材の味わいを引き出す日本料理はもちろん様々な料理と合わせやすそうです

▼そんな九平次と合わせるお通しは胡麻豆腐

なんでもこちらのお豆腐はお店で豆乳から作られているそうです。

以前、他店で作りたてのお豆腐をいただいた時も思いましたが、作りたてのお豆腐は食感が全然違う。

こちらでも通常の豆腐とは異なる独特の滑らかさ

言葉にするのが難しいですが荒々しいざらつきとともに滑らかさがある感じです。

そしておそらく出汁が入った出汁醤油がそこにかかっています。

気になったので確かめてみたところ昆布出汁と醤油をお店で合わせて作っていらっしゃるそうです。道理で風味がきちんとしてます。

▼もう少しつまみが欲しいのですぐ出てきそうな梅水晶をチョイス

サメの軟骨と梅肉が混ぜ合わさった肴です。

この梅の酸味と日本酒がまた合うんです。

特に九平次だとそれほど主張しませんし、梅の風味をしっかり楽しめます。

tel

hp_haku

hp_haku

▼お造り

今回は鍋で寒ブリをいただくので盛り合わせではなく三崎漁港の本マグロをいただきました。

赤身、トロ、大トロといったところでしょうか?

多くの方がこう映るとトロとか大トロを好まれると思いますが、個人的には本鮪に関しては赤身です。

本鮪の本当に美味しいマグロは赤身がもう言い表せないぐらいうまい!からなんです。

さてそんなマグロですが、白のマグロもこれまたお酒が進みますねー。

格別のお味です!

トロや大トロも脂が乗っててうまいのですが、やはり一番美味しいのは赤身

個人的には可能なら赤身だけにして欲しいぐらいです。笑

そして、もう一つびっくりしたのがお醤油。

センザン醤油という淡路のお醤油らしいのですが関西の刺身醤油らしくまろやかで甘みが特徴的。マグロの旨みと甘みが交わって口の中でたまりません。

▼やはり「だし巻き」は外せない。

これだけ美味しい和食を出すお店ならば「だし巻き」はやっぱり外せませんね。

つい、頼んでしまいます。

ふわふわに作られただし巻き卵。非常に綺麗です。

お味もほのかに出汁の旨みが口の中に広がります。

それほど味が濃いわけではないのにもかかわらず、なぜか口の中に出汁の味が広がるあたりさすがです。

ちなみに上に乗っているのは稲穂ごと揚げてポップコーン状にしたもの。

最近ちらほらと見かけますがこういう演出も店内の雰囲気と合っていていいと思います。

▼そして冬の味覚 「あん肝」

先に言っておきます。もう本当にこれはダメです。

ノックアウトされました。

こちらのあん肝、池袋居酒屋研究会始めてからあるいはこれまで幾度となくあん肝は食べてきましたがその中でも群を抜いて美味しい!

何が美味しいのかついに原因はわかりませんでしたが、得られた収穫は柚子を入れると信じられないぐらいおいしいということ。

当然あん肝自体も美味しく良いものだと思うのですがそれは他のお店でもままあること。

唯一気づいたのは柚子の風味が口の中を最後にさっぱりさせて後味の残りをよくしている点。

もうこれはたまりません。お酒がなくなる。なくなる。

本当に美味しかったです。

▼と、いうことでお酒を追加。

「一白水成 特別純米酒」

こちらは初めて飲みます。秋田のお酒だそうです。

お味ですが、九平次に比べるとやはり香り、旨み、キレ共に少し強いですね。

全体的に非常にバランスが取れていて普段の食事と一緒に飲むにはちょうど良さそうなお酒です。

これをお鍋と合わせていただきたいと思います!

いや、それにしても本当に一つ一つのお料理がしっかりされていて美味しい。お酒も考えられていてあくまで主役はお料理!このお料理中心でしっかり作られてますね。

Point 2
 細部まで丁寧な仕事をなされている美味しいお料理。
 そして付け合わせや醤油までこだわり抜いている手抜きのなさ。感服です。
Point 3
 あえてお酒は主張が強すぎないものをチョイス。
 料理とともに楽しむためのお酒が置かれています。

tel

hp_haku

hp_haku

▼絶品!「氷見の寒ブリしゃぶしゃぶ」

さて、本題の絶品鍋。いかほどなのでしょうか?

気になります。

▼ちなみにメニューにはこんな感じで載ってます。

冬季限定かつ下仁田ネギ入り!豪華ですね!!

▼運ばれてきた感じはこんな感じです。

すでにお鍋の中には下仁田ネギが!

いいですねぇー!

そして、鰤!脂と身がいい感じですね。期待が高まります。

▼まずはお野菜から。

先に野菜を入れて野菜からの旨みを出してやります。

いや待ち遠しい限りです。

▼そしてお待ちかねしゃぶしゃぶです。

一瞬で火が入るので気をつけないといけません。。。

そして、脂が入ってるから本当にすぐちぎれてしまいます。。

注意が必要ですね。

そして問題のお味のほどですが。。。

まず、鰤としては本当にいいものだと思います。

以前、氷見ではありませんが、富山や石川へは何度か寒ブリを食べに行ったことがあります。

その際出していただいた鰤と同じ、あるいはそれ以上な気がします。

うーん氷見の鰤おそるべし!

そんな氷見の鰤ですが、今年は当たり年だそうで「寒ブリ宣言」でているそうです。

ちなみに2015年度のシーズンはダメだったそう。。

これはいい時に来ました。笑

味の方は少し火が入ることで鰤本来の香りや味が際立って非常にインパクトがあります。

刺身も旨みたっぷりで味わうことができますが、刺身だと醤油や薬味で香りを消してしまいがち。その点しゃぶしゃぶでは非常に香りが強くなって味覚と嗅覚どちらでも楽しめます!

味として特筆すべきなのは旨み。火が入ることで味が一層凝縮され、噛むたびに(いや、とろけるので味わうたびにの方が適切でしょうか。)口の中で旨みがじゅわーっと鍋の出汁とともに広がります。これが本当にたまりませんね。

反射的に目を閉じて味わってました。笑

ただどうしても火が入ることで魚が本来持つ独特の臭みも強くなるので、この匂いが苦手な方には辛いかもしれません。(天然で良いものの証拠でもあるんですが・・・)

そんな方は実は薬味に柚子胡椒を練りこんだ大根があり、そちらを加えてみてください。

するとその匂いも消えますし、これはこれでとても美味しいのです!

本当に美味しいので是非味わってほしいです。

Point 4
  絶句してしまうほどの美味しさ!
  この冬食べておきたい「氷見の寒ブリのしゃぶしゃぶ」。

tel

hp_haku

hp_haku

▼白に行くからには米を食うべし!

研究会の面々が行くと言った際に必ず言う言葉です。

白行ったら必ず米を食え!

最後の〆はおじやとか炊き込みご飯でもよかったのですが、

そこまで言われたからには白米をいただくしかありません!

▼注文しました!

今回はご飯のお供にじゃこ山椒茎わかめを注文。

こちらも美味しそうです。

さらにそこにお新香と味噌汁が付いて来ます。

▼開けると照り輝くお米

さっきまでかなりの量を食べていたはずなのに、お腹が空いてきてしまうほどです。

普段は炊飯器のお米ですが、土鍋のご飯もいいですね!

お米の種類は「ゆめぴりか」!北海道の近年有名になりつつあるお米です。

最近は新潟よりも北海道の米がうまいと言う話も聞きますし、

北海道のゆめぴりかは特Aを受賞しているお米です。

実は他にも5種類ぐらいお米の種類があります。

今回は店員の方にご相談させていただき好みの味から選んでいただきました。

ソムリエみたいですね。

ちなみに今回は「柔らかくてやや粘り気があって、それでいてツヤのあるお米」

と言うオーダーになりました。

▼さて、それではお茶碗に入れていただきます。

お味ですが、これは皆がいいと言う理由がよくわかります。

まず第一に炊き上がりの仕上がり!

土鍋で炊いているからでしょうか?一粒一粒が芯までふっくら仕上がっていてそれでいて適度な硬さを保持してます。

そして、何より米の味が美味しい!

ほどよい甘みと米の風味が充満して日本人であることを実感します。

これぞうまい米というお味ですね。

そして、ご飯のお供もこれまたうまい!

じゃこ山椒はご飯が楽しめるようにかそれほど濃い味ではなくあっさりと仕上げられています。

普段の私なら割と濃いめの佃煮のような方が好みですが、今回ばかりはこちらの方がご飯の味とじゃこ山椒の味どちらも楽しめていいですね。

茎わかめは知人が食べてしまったので食べれなかったんですよね。

残念。。。

次回リベンジしたいと思います。

Point 5
 「白行ったら必ず米を食え!」は正しい!
 絶対に後悔しないはずなので白米を食べるべき!!

総合感想

今回初めて白にお邪魔しましたが、非常に美味しかったです。

居酒屋と思って行くと少し違うかもしれません。

「正しい晩御飯 白」という名前も頷けます。

丁寧なお仕事をされていて一品一品手が込んでいます。

本当に良い素材を使って美味しく調理するという基本をしっかりと抑えられています。

この基本が実は非常に難しいのでしょうし、大事だと思います。

そういう意味で安居酒屋とはちょっと異なると思います。

お酒も料理も楽しみたい方は是非ともオススメしたいお店ですね。

それにしても池袋居酒屋研究会の皆さんのいうことは間違いないなぁと一員ながら思ってしまいます。

オススメポイント下にまとめておきます。是非参照してください。

まとめ

Point 1
 洗練された香りと見た目がいい!雰囲気抜群の店内が居心地をよくさせてくれる
Point 2
 細部まで丁寧な仕事をなされている美味しいお料理。
 そして付け合わせや醤油までこだわり抜いている手抜きのなさ。感服です。
Point 3
 あえてお酒は主張が強すぎないものをチョイス。
 料理とともに楽しむためのお酒が置かれています。
Point 4
  絶句してしまうほどの美味しさ!
  この冬食べておきたい「氷見の寒ブリのしゃぶしゃぶ」。
Point 5
 「白行ったら必ず米を食え!」は正しい!
 絶対に後悔しないはずなので白米を食べるべき!!

tel

hp_haku

hp_haku

 正しい晩御飯 白 池袋東口店 – ただしいばんごはん はく いけぶくろひがしぐちてん-

目的シーン   デート、友人・知人・同僚、女子会、家族と、接待・上司、部下・後輩

アクセス  JR 池袋駅 東口 徒歩4分

距離    池袋駅から300mぐらい

金額            6,000円〜6,999円

営業時間

【月~金】
17:30~23:00(L.O.22:30)
※ごはんのL.O.22:00
【土】
17:00〜23:00(L.O.22:30)
※ごはんのL.O.22:00

定休日         日曜日 ※日曜日が祝前日の場合営業

住所    東京都豊島区南池袋1-17-13 ゴールデンプラザ 9F

電話番号  03-3982-6799

▼駅からのアクセス

R池袋駅の東口を出て右方向に西武沿いを直進します。

マツモトキヨシ横のエレベーターに乗って9階へ!

  • 酔っ払い易さ度:  60% ※ 適度な酔っ払いには良い。ガブガブ飲む店ではない
  • 店員なつき度:   80% ※ オススメのご相談等しっかりのっていただけます。
  • 愚痴り易さ度:   60% ※ すだれや仕切りがしっかりとされているので大丈夫。
  • メニューの充実度: 80% ※ メニューは季節に合わせたこだわり料理。
  • ドリンクの充実度: 70% ※ 数はそれほど多くないですが良いものばかり。
  • お一人さま指数:  10% ※ 一人ではちょっと行かないですね。
  • モクモク指数:   50% ※ 喫煙は可能だが仕切りで感じませんでした。
  • いた人のジャンル  30-50代の男女、サラリーマン、OL、カップル
  • 隣人との密着度:  100㎝  ※ きっちり仕切られているので大丈夫!
  • また行く度:     行く!!行く!!行く!!行く!!行く!!

※研究会独自の指標の為酔っ払ったその場の感想でして…

▼姉妹サイトもよろしくおねがいします!

▼絶対に外さないお店を徹底分析!渋谷居酒屋研究会▼

▼いいとこ見つけた!!赤羽のディープな居酒屋131選。赤羽居酒屋研究会▼

▼品飲み愛好家達が教える実情報が満載!品川飲み屋同好会▼

The following two tabs change content below.

k

五十路間近のおじさんkです。普段は芸能系のイベント事業を経営してます。お酒はワインとか好きです(好きなだけでよくわかってませんけど・・・)。洋食系の居酒屋とか接待向き個室とかご紹介できればと思います。不慣れですが宜しくお願いします。オススメのお店とか教えていただけると助かります。